2017/09/29

刺青 高野聖 変身 サロメ付

 この「作品」を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『刺青』という作品であるが、清(せい)吉という若い刺青師(ほりものし)は、なぜ、長年探し求めた美女の柔肌に「女郎蜘蛛」を描こうとしたのだろうか? その最大の「謎解き」とともに、その後の「展開」の考察であり、また、泉鏡花の『高野聖』という作品では、旅の途中、汽車の中で、一人の旅僧に出会うが、その旅僧の若い時の奇っ怪な経験話であり、その「内容」(あらすじ)とともに、人間の「二大本能」の一つ「性欲」についての考察であり、また、次の「変身」では、カフカの「作品」からは少し離れて、なぜ、われわれ人間というのは、表面的な「姿・形」が変わるだけで、われわれ人間の「見る目」も大きく変わってしまうのだろうか? それに「ひきこもり現象」などを合わせて考察したものであり、そして、最後は、オスカー・ワイルドの有名な『サロメ』という作品であり、それゆえ、映画や舞台その他などで見聞きすることも多いかと思うが、しかし、文章で「一字一句」を丁寧に読み辿るというようなことは以外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、できるだけ「本文」に寄り添いながら、その「内容」を丁寧に読み辿ったものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント