FC2ブログ
2017/09/09

和歌や俳句の世界

 この「作品」を配信しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の『和歌や俳句の世界』という作品は、まさに「二つのもの」(それは「古池や」と「柿食へば」)をいわば「一つに統合」したものであるが、それは、この「二つのもの」は、まさに有名な「和歌や俳句」(名歌や名句)の、その「一字一句」の具体的で詳細な「考察」になっているとともに、いわゆる「和歌や俳句の世界」(それら「和歌や俳句」とは一体どのようなものであるか?」の根本的な「考察」でもあり、例えば、一般に、「和歌」というのは、目の前の「情景」と、自分の現在の「心の状態」(或いは「心象風景」)などを、いわば「花鳥風月」などに託して、表現するということであり、また、「俳句」というのは、一体、何かと問えば、それは、「小説」で言えば、まさに「私(わたくし)小説」であり、その人自身が実際に「見聞き経験したこと」などを基にして、その時の「実感」の「情景」を、いわゆる「五・七・五」で表現するというものであり、そのように、和歌や俳句というものが、一体、どこからどのようにして生じて来るかの具体的な「考察」でもあり、それゆえ、若しも「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント