2017/06/14

シェイクスピアの世界 Ⅰ Ⅱ (「ハムレット」&「ロミオとジュリエット」)

 この「作品」を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――まず、「ハムレットⅠ」では、有名な「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」についての「考察」であり、また、「ハムレットⅡ」では、ハムレットの「憂鬱」の直接の原因(要因)と、最後の「剣の試合場面」での内容の詳細な分析、そして、「ジュリアス・シーザー」では、ブルータスとアントニーの二人の「演説内容」と、リンカーンの「有名な演説」のどこがどのように優れているのかの「考察」になっています。一方、有名な『ロミオとジュリエット』では、まず、全体の「流れ」をはじめ、有名な場面での考察とともに、「恋とは何か」、「愛とは何か」、男女間の「恋愛」とは何か、そして、「純愛とは何か」の考察になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント