FC2ブログ
2017/04/20

夏目漱石の世界 草枕

 さて、今回は、夏目漱石の代表作である『草枕』という作品の考察であるが、まず、『草枕』では、山途(やまみち)を登りながら考えた様々な「文学論」や「芸術観」などを想いつくままに語るという内容であり、その部分が「冒頭から全般」へと及び、そして、もう一つは、旅先の那古井(なこい)の温泉宿で偶然に出逢った「那美(なみ)さん」(その元「お嬢さん」)との様々な「出来事」や、また、「能」や「お茶」、その他などに関する様々な考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント