2017/04/07

なぜ、刃傷事件は起きたのか 精神の自立について 徒然草の最終段

 この「作品」を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――まず、「なぜ、刃傷事件は起きたのか」という作品では、どのような「状況」から「事件」は発生したのか? それを「原文」(特に「梶川氏日記」)に寄り添いながら丁寧に考察したものであり、また、「精神の自立について」では、なぜ、戦後、このような「社会状況」になってしまったのか? それを「終戦」まで遡って考察し、また、精神が自立するとは、一体、どういうことなのかの考察であり、そして、徒然草の「最終段」では、なぜ、徒然草の「最終段」は、「八歳の時の想い出話」になっているのか? それを考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント