2016/12/29

鍵とサロメ(完全版)

 さて、今回の『鍵とサロメ』という作品は、谷崎潤一郎の『鍵』とオスカー・ワイルドの『サロメ』とを一つに統合したものであるが、まず、谷崎潤一郎の『鍵』という作品は、夫の「日記」と妻の「日記」のそれだけから構成されている作品であるとともに、夫の「日記」というのは、「漢字+カタカナ」の表記であり、一方、妻の「日記」というのは、「漢字+ひらがな」の表記になっています。――そして、夫の日記の「本文」というのは、まさに「漢字+カタカナ」の表記であり、それは、それを読む読者にとっては実に「読みづらい」文体であり、それゆえ、今回は、「本文」をすべて「漢字+ひながな」の表記に置き換えて書き記しているものであり、分量も非常に増えて、今回は「五部作」として発表したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
 一方、オスカー・ワイルドの有名な『サロメ』という作品は、『新約聖書』の中にある「ヘロデとヨハネ」の「記述内容」を参考にして、オスカー・ワイルドという劇作家が、彼独自の戯曲『サロメ』へと、その「内容」を大きく創り換えたものであるが、この二つの『鍵とサロメ』という作品は、どちらも非常に有名な作品であり、それゆえ、映画や舞台その他などで見聞きすることも非常に多いかと思うが、しかし、文章で「一字一句」を丁寧に読み辿るというようなことは意外と少ないのではないかと思う。そこで、今回は、できるだけ「本文」に寄り添いながら、その「内容」を丁寧に読み辿ったものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント