2018/03/30

江戸川乱歩の世界 人間椅子と盲獣

 この「作品」を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の『江戸川乱歩の世界』(人間椅子と盲獣)という作品は、江戸川乱歩の『人間椅子』と『盲獣』という作品を合わせたものであり、どちらも人気の高い作品であり、それゆえ、映画やテレビドラマなどで何度か観た人も非常に多いかと思いますが、しかし、書物(文章)として読むことは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、江戸川乱歩の『人間椅子』と『盲獣』の「本文」にできるだけ寄り添いながら、その「魅力」を考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
2018/03/27

シェイクスピアの世界 Ⅰ Ⅱ (ハムレット&ロミオとジュリエット)

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――まず、「ハムレットⅠ」では、有名な「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」についての「考察」であり、また、「ハムレットⅡ」では、ハムレットの「憂鬱」の直接の原因(要因)と、最後の「剣の試合場面」での内容の詳細な分析、そして、「ジュリアス・シーザー」では、ブルータスとアントニーの二人の「演説内容」と、リンカーンの「有名な演説」のどこがどのように優れているのかの「考察」になっています。一方、有名な『ロミオとジュリエット』では、まず、全体の「流れ」をはじめ、有名な場面での考察とともに、「恋とは何か」、「愛とは何か」、男女間の「恋愛」とは何か、そして、「純愛とは何か」の考察になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/03/24

美について

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、「美の問題」は、われわれ人類の「永遠のテーマ」であるとともに、われわれ人類は、未だこれという最究極的な<一なる答え>というものを得られずにいるのではないかと思う。そこで、今回は、「美」とは何か、という「問題」についての根本的な考察であり、われわれ人類の長い歴史のなかで、この「問題」を部分的に解明した書物であれば、実にいろいろと数多くあるかと思うが、しかし、この「問題」を全面的かつ根本的に解き明かした書物というのは、意外と少ないのではないかと思う。それゆえ、今回は、「美」とは何か、という「問題」についての根本的かつ科学的な考察になっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/03/13

アンデルセンの世界(人魚姫と雪の女王)完全版

 さて、本年の最初は、『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)を予定していましたが、なかなか想うように前に進まず、そこで、「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)と「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)の「二部」に分けて発表しましたが、その「二つの作品」を「一つに統合」して、本来の『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)完全版にしたものであり、その「内容」は、次のようものである。
 まず、『マッチ売りの少女』という作品は、すでに多くの人たちがよくご存知の内容であり、また、『人魚姫』という作品も、そして、『雪の女王』という作品も、非常に有名な作品でありますが、その『雪の女王』という作品は、「七つの話」からできていて、第一話は、鏡とそのかけらのこと、第二話は、男の子と女の子、第三話は、魔法を使うおばあさんの花園、第四話は、王子と王女、第五話は、山賊の小娘、第六話は、ラップ人の女とフィン人の女、第七話は、雪の女王のお城であったこと、その後の話、となり、そして、もう一つは、有名な『みにくいアヒルの子』になりますが、その場合、これらの作品については、例えば、様々な「絵本やアニメ」などですでに何度か見たり読んだりして、その内容も多くの人たちがよくご存知だろうと思いますが、しかし、アンデルセンの「童話」そのものを直接読むということは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、アンデルセンの「童話」そのものの「本文」をできるだけ丁寧に読み解いたものであり、それゆえ、アンデルセンの『童話』に何らかの「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/03/08

アンデルセンの世界(雪の女王・その他)後半部

 さて、本来は、『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)を予定していましたが、なかなか想うように前に進まず、そこで、とりあえず、「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)と「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)の、この「二部」に分けて、そして、今回は、「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)について少し考えてみたいと思う。
 まず、『雪の女王』という作品は、「七つの話」からできていて、第一話は、鏡とそのかけらのこと、第二話は、男の子と女の子、第三話は、魔法を使うおばあさんの花園、第四話は、王子と王女、第五話は、山賊の小娘、第六話は、ラップ人の女とフィン人の女、第七話は、雪の女王のお城であったこと、その後の話、となり、そして、もう一つは、有名な『みにくいアヒルの子』になりますが、その場合、これらの作品については、例えば、様々な「絵本やアニメ」などですでに何度か見たり読んだりして、その内容も多くの人たちがよくご存知だろうと思いますが、しかし、アンデルセンの「童話」そのものを直接読むということは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回も、前回に引き続き、アンデルセンの「童話」そのものの「本文」をできるだけ丁寧に読み解いたものであり、それゆえ、アンデルセンの『童話』に何らかの「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。