FC2ブログ
2017/02/28

シェイクスピアの世界(ハムレットⅢ)中巻(第三幕)

 さて、今回は、『ハムレットⅢ』の「第三幕」になるが、その内容は、――まず、国王は、ハムレットの親友二人にハムレットの「狂気の原因」を探らせていたが、どうしても聞き出せなかったという結果になり、その後、今度は、国王とポローニアスが壁掛け(カーテン)の陰(かげ)に隠れて、ハムレットとオフィーリアとが「出会う」という、余りにも有名な「場面」になるが、オフィーリアは、ハムレットの(狂気を装った)あまりの言葉に大きな衝撃を受けて、泣き崩れてしまう。
 次の第二場では、いわゆる「劇中劇」が演じられるが、その「劇中劇」の最後のところで、ハムレットが書き加えた「先王殺し」を模した内容の芝居を観ていた、国王は、青ざめて、よろめき立ち上がる。それによって、先王の「亡霊」の言葉は、噓ではなかったと確信を得る。――第三場では、身の危険を感じた国王は、ハムレットを即座にイギリスに派遣することを決め、また、国王は、自分の「兄殺し」という「罪の重さ」に耐え兼ねて、懺悔をし、(神の)赦(ゆる)しを得ようとする。その姿を見て、ハムレットは、今こそ、復讐の「絶好のチャンス」と思うが、悪党が望むような時に「天国」へと送り込んで、それが果たして「復讐」と言えるかと思い直して、そのまま「王妃の居間」へと向かう。
 最後の第四場は、まさに「王妃の居間」であり、王妃(母親)とハムレットとの「二人だけの会話」になるが、この場面で、内大臣(ポローニアス)は、国王と間違えられて、ハムレットに殺されてしまう。――その後、ハムレットは、これでもかこれでもかと王妃(母親)を執拗に責め立てるという内容であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
2017/02/10

シェイクスピアの世界(ハムレットⅢ)第三幕について

2017年2月10日(土曜日)

 さて、今は、「シェイクスピアの世界」(ハムレットⅢ)第三幕を書いておりますが、なかなか前に進まない膠着状態であり、日数がかかっておりますが、二月の終わりごろまでには何とかしたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。