FC2ブログ
2016/11/28

谷崎潤一郎の世界 鍵(第四部)

 さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『鍵』の「第四部」になるが、その内容は、次のようなものである。まず、倒れた「夫」(大学教授)を看病する「妻」(郁子いくこ)とその他の人たちのことが全般の内容である。――まず、一日の「生活」パターンを見てみると、むろん、その時々によって違って来ますが、基本としては、夜中は、妻(郁子いくこ)が一人で看病している。朝は、七時頃、婆やがやって来て、食事の支度をする、八時頃、看護婦の小池さんが起きて来る。そして、八時半頃、夫(病人)に朝食を取らせる。あとは、午前の予定はない。――正午、病人が昼食を取る。午後一時、町医者の児玉さんが来診する。その後、妻は、二時以降、看病を小池さんにお願いし、二階で「仮眠」を二三時間取る。この時に「日記」も書く。そして、五時頃、妻(郁子いくこ)は、二階から降りて来て、五時半頃、夫(病人)の夕食になる。そして、夜は、八時頃、敏子が帰り、九時頃、婆やも去る。十時、小池さんを二階へ行かせる。十一時、庭に(木村の)足音が聞える。裏口から女中部屋へ通す。十二時、彼去る。という基本的な「生活パターン」を繰り返すことになる。――ところで、この「第四部」にはこれという大きな「出来事」はないが、ただ、夫(大学教授)は、「にーき、にーき」と妻の「日記」のことを非常に気にしていて、「……お前は日記を、どうしている?」と訊くので、「……私は昔から日記なんか附けていません、そんなこと、あなた知ってはるやありませんか」と、意地悪く素直には答えてはくれない。そこで、夫(大学教授)は、ふと娘(敏子)のことを想い出し、そして、その娘(敏子)に妻の「日記帳」を捜し出してもらうことを思い付くという展開であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
2016/11/22

谷崎潤一郎の世界 鍵(第三部)

 さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『鍵』の「第三部」になるが、その内容は、次のようなものである。まず、夫(大学教授)は、大学病院の「眼科」と「内科」とで診察を受けるが、その結果、「血圧」が異常に高いということで、「血圧降下剤」をはじめ、コイトス(性交)を慎み、アルコールも止め、また、刺戟物や塩辛いものもいけないと言われるが、夫(大学教授)は、医師のその忠告を無視し、相変わらず「酒」と「淫慾」に溺れている。――やがて、娘(敏子)は、京都から少し離れた「大阪」に、母親(郁子)と木村の二人だけで出逢える「逢引き場所」を見つけてやることになる。――つまり、最初は、夫の「家」で、次は、娘(敏子)の「部屋」で、そして、今度は、大阪の「逢引き場所」へと「話」(ストーリー)は発展し、一方、夫の病状は目に見えて悪化していく。
 そして、三月下旬から四月上旬までは、学校は「春休み」であり、それゆえ、木村の体も自由であるので、妻(郁子)と木村とはほとんど「毎日」のように、午後より外出。夕刻帰宅を繰り返しながら、まさに「大阪のいつもの家」で二人は「逢引き」を積み重ねていくのである。そして、学校が始まると、今度は、(学校の授業が終わる)午後四時半頃から、妻(郁子)は身支度をし始めてから家を出て、木村の所へと逢いに行くようになるのである。――そして、四月十七日の「日曜日」の夜、ついに、夫にその「瞬間(とき)」が訪れるという内容であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2016/11/14

谷崎潤一郎の世界 鍵(前半部)

 さて、今回の「谷崎潤一郎の世界・鍵(前半部)」というのは、「谷崎潤一郎の世界」の「鍵」(第一部)と(第二部)とを統合したものではあるが、そもそも今回の「作品」の目的とその特徴はと言えば、それは、原作では、夫の「日記」は、いわゆる「漢字+カタカナ」の表記になっていて、それは非常に読みづらいものであり、それゆえ、原作を最初から最後まで正確に厳密に読めている人も少ないのではないかと思う。そこで、今回は、それを「漢字+ひらがな」に書き換えて表記してあるので、非常に読みやすいとともに、内容は、それぞれ「本文」+「**」+「解説」という構成になっていて、「本文」だけを読み通すことも出来れば、「本文」+「解説」でその理解を深めることも出来るものであり、特に谷崎潤一郎の『鍵』に興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2016/11/11

谷崎潤一郎の世界 鍵(第二部)

 さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『鍵』の「第二部」になるが、その内容は、次のようなものである。まず、敏子の別居以来、木村は遊びに来る表向きの口実がなくなった訳だが、相変らず二三日置きに来る。僕の方からも電話をかける。ポラロイドは既に二晩使用し、妻(郁子いくこ)の「全裸写真」を撮り、それを自分の「日記」に貼り付け、「夫の日記」を盗み読みする妻(郁子)に見せるつもりでいたのである。ところが、木村が持って来たポラロイドでは思うような鮮明な写真が撮れないので、そこで、今度は夫の普通のカメラ(ツワイス・イコン)で妻(郁子)の「全裸写真」を三十六枚撮りのフィルムを使って一夜で全部写してしまい、そのフィルムの「現像と引伸し」を夫は何と木村に頼むという展開になっていくのである。
 一方、別居した娘(敏子)と母親(郁子)それに木村とは、相変わらず「三人」でよく映画を観に行くが、今までとはっきりと違うところは、今までのように夫の「家」ではなく、今度は、むしろ別居した娘(敏子)の部屋で、最初は「三人」で、やがて「ブランデー」を飲み始めると、娘(敏子)は、いつしかその場からは消えて、妻(郁子)と木村の「二人」だけで「ブランデー」を飲み交わすようになり、そして、風呂場で倒れるということを「三度」繰り返すことになるのである。そして、その三度目に、妻(郁子)と木村とは終に「一線を越えてしまう」(つまり「肉体関係」を持ってしまう)という展開になる内容であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2016/11/02

谷崎潤一郎の世界 鍵(第一部)

 さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『鍵』という作品であるが、この「作品」は、夫の「日記」と妻の「日記」のそれだけから構成されている作品であるとともに、夫の「日記」というのは、「漢字とカタカナ」の表記であり、一方、妻の「日記」というのは、「漢字とひらがな」の表記になっています。――そして、夫の日記の「本文」というのは、まさに「漢字とカタカナ」の表記であり、それは、ちらっと見ただけではすぐには内容の分からない、どこか日記にふさわしい何か秘密めいた感じを醸し出している文体ではあるが、しかし、それを読む読者にとっては実に「読みづらい」文体であり、それゆえ、その「本文」を正確に読めている人も少ないのではないかと思う。そこで、今回は「本文」をすべて「漢字とひながな」の表記に置き換えて書き記しているとともに、分量も非常に増えているので、今回は「四部作」として、その「第一部」から発表していきたいと思っていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。