2018/04/21

四つの難題の解明の旅

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回は、ソクラテスに関する「四つの難題」の解明の旅として、一つは、ソクラテスと「デルポイの神託」、一つは、ソクラテスの「没我的思考」、一つは、ソクラテスの「ダイモンからの合図」、そして、もう一つは、ソクラテスの「産婆術」についての、それぞれの「徹底した考察」を一つに結集したものであり、この「四つの難題」が真に解明されない限り、歴史上のソクラテスを真に理解することはでき得ないものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
2018/04/14

刺青 高野聖 変身

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『刺青』という作品であるが、清(せい)吉という若い刺青師(ほりものし)は、なぜ、長年探し求めた美女の柔肌に「女郎蜘蛛」を描こうとしたのだろうか? その最大の「謎解き」とともに、その後の「展開」の考察であり、また、泉鏡花の『高野聖』という作品では、旅の途中、汽車の中で、一人の旅僧に出会うが、その旅僧の若い時の奇っ怪な経験話であり、その「内容」(あらすじ)とともに、人間の「二大本能」の一つ「性欲」についての考察であり、そして、最後の「変身」では、カフカの「作品」からは少し離れて、なぜ、われわれ人間というのは、表面的な「姿・形」が変わるだけで、われわれ人間の「見る目」も大きく変わってしまうのだろうか? また、カフカの『変身』と今日的な「閉じこもり現象」との関係についての考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/04/12

和歌と俳句の世界

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の『和歌と俳句の世界』という作品は、まさに「二つのもの」(それは「古池や」と「柿食へば」)をいわば「一つに統合」したものであるが、それは、この「二つのもの」は、まさに有名な「和歌や俳句」(名歌や名句)の、その「一字一句」の具体的で詳細な「考察」になっているとともに、いわゆる「和歌や俳句の世界」(それら「和歌や俳句」とは一体どのようなものであるか?」の根本的な「考察」でもあり、例えば、一般に、「和歌」というのは、目の前の「情景」と、自分の現在の「心の状態」(或いは「心象風景」)などを、いわば「花鳥風月」などに託して、表現するということであり、また、「俳句」というのは、一体、何かと問えば、それは、「小説」で言えば、まさに「私(わたくし)小説」であり、その人自身が実際に「見聞き経験したこと」などを基にして、その時の「実感」の「情景」を、いわゆる「五・七・五」で表現するというものであり、そのように、和歌や俳句というものが、一体、どこからどのようにして生じて来るかの具体的な「考察」でもあり、それゆえ、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/04/03

江戸川乱歩の世界 完全版

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありました、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の『江戸川乱歩の世界』(完全版)は、乱歩の代表的な作品である『人間椅子』を初めとして、『盲獣』や有名な『D坂の殺人事件』(+「心理試験」)それに『屋根裏の散歩者』や『陰獣』その他などを一冊にまとめたものであり、われわれ日本人の多くの場合、映画やテレビドラマなどではそれらの有名な作品を映像で観るような機会は何度かあったかと思うが、それでは、その「原作」を「文章」で一字一句丁寧に読むようなことは、意外に少ないのではないでしょうか? そこで、今回は、できるだけ「原文」の文章に寄り添いながら、それらの「作品」の「魅力や内容」などを丁寧に考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/03/30

江戸川乱歩の世界 人間椅子と盲獣

 この「作品」を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の『江戸川乱歩の世界』(人間椅子と盲獣)という作品は、江戸川乱歩の『人間椅子』と『盲獣』という作品を合わせたものであり、どちらも人気の高い作品であり、それゆえ、映画やテレビドラマなどで何度か観た人も非常に多いかと思いますが、しかし、書物(文章)として読むことは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、江戸川乱歩の『人間椅子』と『盲獣』の「本文」にできるだけ寄り添いながら、その「魅力」を考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。