FC2ブログ
2018/09/30

アンデルセンの世界(人魚姫と雪の女王)完全版

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、本年の最初は、『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)を予定していましたが、なかなか想うように前に進まず、そこで、「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)と「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)の「二部」に分けて発表しましたが、その「二つの作品」を「一つに統合」して、本来の『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)完全版にしたものであり、その「内容」は、次のようものである。
 まず、『マッチ売りの少女』という作品は、すでに多くの人たちがよくご存知の内容であり、また、『人魚姫』という作品も、そして、『雪の女王』という作品も、非常に有名な作品でありますが、その『雪の女王』という作品は、「七つの話」からできていて、第一話は、鏡とそのかけらのこと、第二話は、男の子と女の子、第三話は、魔法を使うおばあさんの花園、第四話は、王子と王女、第五話は、山賊の小娘、第六話は、ラップ人の女とフィン人の女、第七話は、雪の女王のお城であったことと、その後の話、となり、そして、もう一つは、有名な『みにくいアヒルの子』になりますが、その場合、これらの作品については、例えば、様々な「絵本やアニメ」などですでに何度か見たり読んだりして、その内容も多くの人たちがよくご存知だろうと思いますが、しかし、アンデルセンの「童話」そのものを直接読むということは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、アンデルセンの「童話」そのものの「本文」をできるだけ丁寧に読み解いたものであり、それゆえ、アンデルセンの『童話』に何らかの「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
2018/09/26

アンデルセンの世界(人魚姫・その他)前半部

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、本来は、『アンデルセンの世界』(人魚姫と雪の女王)を予定していましたが、なかなか想うように前に進まず、そこで、今回は、「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)と「後半部」(雪の女王、みにくいアヒルの子)の「二部」に分けて、そして、今回は、その「前半部」(マッチ売りの少女、人魚姫、裸の王様)ということになりますが、これらの作品については、様々な「絵本やアニメ」などですでに何度か見たり読んだりして、その内容も多くの人たちがよくご存知だろうと思いますが、しかし、アンデルセンの「童話」そのものを直接読むということは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、アンデルセンの「童話」そのものの「本文」をできるだけ丁寧に読み解いたものであり、それゆえ、特にアンデルセンの「童話」に何らかの「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/09/20

太宰治の世界 走れメロスと人間失格

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、太宰治の『走れメロス』という作品は、一般に「友情」がテーマとされているが、もちろん、それは、まさに「その通り」であるが、しかし、それだけではなく、太宰治の『走れメロス』という作品の中には、もう一つ、太宰治にとってはむしろ「最大のテーマ」でもある、いわゆる「人間が信じられる、信じられない」という最も「大事なテーマ」も提示されているのであり、その「根本問題」についての基礎からの考察になっています。――一方、『人間失格』という作品では、太宰治の「人間形成」をその「生い立ち」から考察し、「第一の手記」では、太宰治の「幼少期」の「内的事実」(特に「人間恐怖」その他)の考察であり、また、「第二の手記」では、太宰治の「青年期」の「内的事実」(特に「女性観」その他)の考察であり、そして、「第三の手記」では、「鎌倉心中未遂事件」から晩年までの本文に添った考察であるが、例えば、堀木との関係、シヅ子との出逢い、そのシヅ子とは誰なのか、また、遺書と心中、そして、ヨシ子との出逢い、そのヨシ子とは誰なのか、さらに、妻の姦通、その他、『思ひ出』や『斜陽』それに『津軽』などの「最後の部分」の簡単な考察なども加えてありますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/09/03

「罪と罰」(ドストエフスキー原作)

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、『罪と罰』という作品は、世界的にも非常に有名な「作品」であり、それゆえ、世界中の多くの人たちがぜひとも一度は読んでおきたいと思って読み始めるかと思うが、しかし、多くの場合、途中で挫折をして、なかなか最後まで読み通せる人は、意外と少ないのではないかと思う。それゆえ、『罪と罰』という作品は、一体、どのような内容の作品なのか? その具体的な内容をよく知らない人たちも意外と多いのではないかと思う。そこで、今回は、最初から最後まで丁寧に順を追って考察していますので、それらの全体像がしっかりと観て取れる内容であるとともに、それぞれの内容に関する様々な「謎解き」にもなっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/07/31

子供の遊び(完全版)

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の「子供の遊び」(完全版)というのは、まさに「子供の遊び」の「第一部、第二部、第三部、そして、第四部」を一つに「集大成」したものであり、そして、「子供の遊び」というのは、すでに「乳幼児」の頃から活発に行なわれているとともに、「学童期」になれば、さらに実に多種多彩な「子供の遊び」でより活発に楽しく遊び合うまさに「全盛期」になるかと思うが、それでは、その実に多彩な「子供の遊び」などをあれこれ書き描くことに、一体、どのような「意味や価値」があるのかと問えば、それは、実に多彩な「子供の遊び」のそれぞれの「特徴」などをあれこれとらえて書き描くことは、結局は、それぞれ一つ一つの「遊び」の「本質や生命(いのち)」などにふれるということであり、今回は、その実に多種多彩な「子供の遊び」の「本質や生命(いのち)」などにふれる実に長い旅であり、若しも「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。