FC2ブログ
2018/07/31

子供の遊び(完全版)

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の「子供の遊び」(完全版)というのは、まさに「子供の遊び」の「第一部、第二部、第三部、そして、第四部」を一つに「集大成」したものであり、そして、「子供の遊び」というのは、すでに「乳幼児」の頃から活発に行なわれているとともに、「学童期」になれば、さらに実に多種多彩な「子供の遊び」でより活発に楽しく遊び合うまさに「全盛期」になるかと思うが、それでは、その実に多彩な「子供の遊び」などをあれこれ書き描くことに、一体、どのような「意味や価値」があるのかと問えば、それは、実に多彩な「子供の遊び」のそれぞれの「特徴」などをあれこれとらえて書き描くことは、結局は、それぞれ一つ一つの「遊び」の「本質や生命(いのち)」などにふれるということであり、今回は、その実に多種多彩な「子供の遊び」の「本質や生命(いのち)」などにふれる実に長い旅であり、若しも「興味や関心」がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
2018/07/25

子供の遊び 4

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の「子供の遊び」(第四部)は、例えば、チョコレート遊びをはじめ、風船遊び、シャボン玉遊び、缶けり遊び、自転車乗り、遊び場、また、まりつき、ごっこ遊び、お手玉遊び、祭りと縁日、運動会、そして、動物獲り、というような内容になっています。もちろん、これらは、子供の頃を想い出しながら書いているものであり、それゆえ、当時と今日では、それぞれ様々な違いがあるかと思うが、しかし、昔と今とを比較対照することも大事なことであり、そう言えば、そういうこともあったなあと、それぞれの年代の人たちが、それぞれに自分が子供だった頃を想い出す一つの切っ掛けになってもらえれば、それで十分であり、あとは、当時の自分と今の自分とを比較対照して、自分がどのように成長してきたかを知る一つの切っ掛けになってもらえれば、それで十分なことではないかと思う次第であります。
2018/07/17

子供の遊び 3

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回の「子供の遊び」(第三部)は、日本の春夏秋冬の「美しい自然」のなかでの遊びとして、「海」での様々な遊びをはじめ、「山」での多彩な遊び、それに四季の色とりどりの「草花遊び」などを主要(メイン)とした前半部分と、後半部分では、日本で最も人気のあった「野球」遊びをはじめ、小学生に今でも人気の高い「ドッジボール」遊びがあり、また、子供でも大人でも楽しく遊び合える「なわとび遊び」も人気が高く、一方、「室内遊び」では、その原点とも言える、いわゆる「つみき遊び」や「ブロック遊び」をはじめ、最近、再び、人気を集め始めている「かるた取り」や「百人一首」(競技かるた)などがあり、それに昔から子供たちに最も親しまれている「将棋遊び」や「トランプ遊び」などになっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
2018/07/15

子供の遊び Ⅰ

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――子供の頃は、誰でも様々な「子供の遊び」で楽しく遊び合ったはずであるが、大人になると、そういうことはすっかり忘れ果てているのではないかと思う。もちろん、それは、それでよいわけですが、今回は、その子供の頃に楽しく遊び合った様々な「子供の遊び」などを描き出すことによって、それぞれの人が自分が子供だった頃のことを想い出す一つのきっかけとなり、「そう言えば、そういうこともあったなあ」と懐かしく想い出しては、ひと時の「心の休息なり安らぎ」になれば、幸いのことではないかと思う次第であります。
2018/07/11

「五輪書」(宮本武蔵)完全版(地水火風空之五巻)

 この作品を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。――さて、今回は、『五輪書』(宮本武蔵)の完全版(地水火風空之五巻)であり、われわれ日本人の多くの人たちにとって、できれば一度は読んでおきたいと思いながらも、なかなかとっつきにくく、たとえ読み始めても、途中で挫折してしまうことも多いかと思います。そこで、今回は、宮本武蔵の有名な『五輪書』には、一体、どのような「内容」のことが、一体、どのように書かれているのか? それらのことをぜひとも知りたいと思っている初心者の人たちから、最終的には「原文」で直接読んでみたいと思っている人たちまで、最初から最後まで興味を持ちながら簡単に読み進んで行くことができ、しかも、十二分に楽しめる内容になっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
 例えば、宮本武蔵は、なぜ、自分の「剣法」を「二天一流」と号したのか? また、二天一流の心は、水を本(もと)とするとは、一体、どういう意味なのか? また、宮本武蔵の有名な「目付」とは、一体、どういうものになるのか? また、宮本武蔵が考える「武士の定義」とは、一体、どういうものなのか? また、心の持ち様の「平常心」とは、太刀の「持ち方」とは、「五つの構え」とは、「無念無相」の打(うち)とは、そして、宮本武蔵が到達した武芸の最究極の「境地」とは、また、極めて難解とされる「岩尾の身」とは、「万理一空」とは、さらに、「古木鳴鵙図」(こぼくめいげきず)や「宮本武蔵の自画像」、その他、それらすべての「謎」は解かれていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見て下さい。